年齢に合わず春の味覚の渋い食べ物が好き!

わたしは、すごくおばあちゃんっ子だったので、年齢に合わず渋い食べ物が好きなのです。

ですが、年を明けてまだまだ寒いものの、ちょいちょいスーパーのお惣菜コーナーや野菜売り場に、山菜が出てくるようになりましたね。

おばあちゃんっ子なのもありますが、自分の家がとてもアクティブなアウトドア派の家だったのです。

そのため、良く母がキャンプに行っては、山の中で山菜をとってきたというような家でした。

そんな家で育ったので、わたしは山菜のおこわや天ぷらが本当に大好きなんです。

今では、コンビニでも山菜おこわのおにぎりが売っていたりもしますよね。

最近食べた山菜は、タラの芽とふきのとうの天ぷらを食べましたが。ほろ苦くて本当に美味しいですよね!

タラの芽はその王冠に似たような形から山菜界の王様ともいわれており、食物繊維だけでなくその他の栄養価も高いのです。

たんぱく質、ナトリウム、カルシウム、鉄分、葉酸、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウムなど、これらの栄養価が含まれています。

このように素晴らしい栄養価のその中でも、一番効果の含有量が多いものが、カリウムだそうです。

カリウムは、塩分の排出に関わり高血圧の予防になったりします。

ふきのとうも、タラの芽と似たような栄養価です。

それはポリフェノールの一種、フキノール酸は花粉症予防になったり、免疫力アップ、肥満予防、動脈硬化予防、ウイルス性の病気の予防効果が期待できます。

そして、ケンフェロールや腎臓のろ過機能を高め、カラダに蓄積された有害な物質のデトックスを期待できる植物アルカロイドも含まれています。

ただ、何事も食べ過ぎには注意です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です